スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危機感で心動く!? (前編)



さて突然ですが、僕はあまりテレビを見てません。

基本的にネットとテレビは犬猿の仲みたいで、ネットをしている人はテレビを見ないで、テレビを見ている人はネットをしていないんだそうです。



それはおいといて、特にテレビのCMは許せません。強制的に挿入され、なおかつCMあけには、すでに見たところから再び説明を始める始末。



もし、ネットでこれをやったとするなら…。

あるページを見ていて、盛り上がりも最高潮の瞬間に、突然画面上をバナー広告が埋め

尽くして、3分ほど操作を全く受け付けないブラウザクラッシャー状態になるのと同じ。

そして時間がたってバナーが消えたかと思ったら、すでに見たページをもう一度読まないと先が見られないのと同じです。

そう考えると、テレビCMってヒドいですね。



それでも、あなたはテレビを見ますか?



見ますね。

そうですよね。



さて、今回は、そんなテレビCMのお話。



「なぜ企業はCMを作るか?」

その答えはもちろん、

「自分のところの商品を買ってもらうため」です。



そのために、手を変え品を変えて、色々なCMが放映されています。

ただ、中には「えー」という内容もたくさんあります。



雪印あらためメグミルクのキャッチコピー、「日本のミルクが変わる」。

そこまで話大きくしなくていいから、まずは自社を変えていきませんか。

色々と突っ込みたい気持ち満載で見てます。



やはり理想のCMは、「つい買いたい気持ちを起こさせること」。

そのためには、消費者の潜在意識に自然に訴えかけることが大切です。



以前メルマガ(セクシー心理学)で、CMでは「子供・動物・セックス」を連想させるものがもっとも心理的な効果が高い、というお話をしました。いずれも見ている人に心地よい刺激を与えることになるからです。



しかし、当然これだけでOKというわけではありません。



傷害保険・損害保険、薬や老人医療などの、普通なら少しネガティブの感情を起こす話は、綺麗な映像やメッセージを流しているだけでは、誰も買ってくれません。



「いやぁ飲み食いって本当に楽しいなぁ~! それはそれとして、胃腸薬『スグナオール』新発売!」

なんて言っても、誰も買ってくれないでしょう。相手の気持を動かすためには、「飲み過ぎて苦しんでいる人」を出すなどして、適度な危機感を演出しないといけないのです。





では、その危機感はどのくらいの強さがベストなのでしょうか?



たとえば今の胃腸薬のCMで、

「飲みすぎで吐いて、服も体もボロボロ、さらに二日酔いで高熱を出して、のたうち回って七転八倒」の姿を出しつつ、「こんな姿にならないためにも、胃腸薬『スグナオール』!」というように、めっちゃ強く危機感をあおるような演出をしたら、バカ売れするのでしょうか?



それが、違うんですね。脅しが人に与える効果とは?



歯を磨かないと目が見えなくなる!? そんな恐ろしい心理実験によって証明された、CMにおける禁断の法則とは!?



「浮気をしたら別れる」…。

その言葉は、果たして通用するのか?



次回予告:人間にとって適度な危機感とはいかほどか?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

sidetitleプロフィールsidetitle

ゆうメンタルクリニック・池袋皮膚科ゆうスキンクリニック

Author:ゆうメンタルクリニック・池袋皮膚科ゆうスキンクリニック
上野・秋葉原・渋谷・新宿・池袋からすぐに到着できる心療内科・精神科、ゆうメンタルクリニックです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。