スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アダルト



こんにちは、ゆうきゆうです。




今日は軽い気持ちで心理テストをしてみましょう。

下の問題に答えてみてください。




--------------------------------------------------------------------------


世界が核戦争であっという間に廃墟。

生き残ったのは、あなたと、あなたの憧れの男性の二人だけ。


しかし!

あなたがある家に入ったとき、そこに動く影が…!


それはいったい何だった?


1「若い異性」

2「若い同性」

3「年配の人」

4「動物」


--------------------------------------------------------------------------


あまり深く考えず、答えを選んでみてください。

 

 

 

 

 

選べましたか?

 

 

それでは結果を見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

1「若い異性」         →あなたは女王様 大人度99%


まさにハーレム状態。欲望一直線な答えです。

あなたはより多くの異性を手玉に取りたいという欲求があることでしょう。

実際に手玉に取れているかは分かりませんが、とにかく欲求は認めます。

一人でも生きていける強さを持っているでしょう。

 

 

2「若い同性」         →あなたは少年(少女) 大人度60%


これはすなわち、あなたにとってライバルになりえる存在です。

普通なら、考えないものです。

しかしそれでもそれを考えてしまうわけで、すなわち「さびしい」「感情を

共有できる存在がほしい」と思っている証拠。

恋愛よりも、どちらかといえば友達みんなで楽しく過ごしたいと思っている気持ちがあります。

 

 

3「年配の女性・年配の男性」   →あなたは赤ちゃん 大人度30%


これは、母親もしくは、父親の象徴。

異性と二人きりの世界にたいする緊張感が強いので、意見を話してくれる存在に

一緒にいてほしいと思うわけです。

言ってみれば、まだ乳離れできていない可能性が大。

少しずつ自分の足で歩いていきましょう。

 

 

4「動物」            →あなたは優しいお母さん 大人度80%


これは自分の言うことを聞いてくれる、家畜やペットのような存在。

異性と自分と、もう一つのメンバー。

それはある意味、安定した「家庭」の象徴です。

すなわち安定した結婚を求めているわけですね。

いい意味で、現実を見据えています。

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか。

 11soh7.jpg


 

ではまた次回お会いしましょう。

 

 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

お片づけ


お片づけ


こんにちは、ゆうきゆうです。

 

 

 

 

今日は、恋愛の“お片づけ”に関するお話です。

 

別れたいと思っても相手のことを思うとなかなか言い出せず、ダラダラとつきあい続けてしまったり、あるいは別れを切り出しても、すがられると情にほだされ、なかなか縁を切ることができない…。


あなたはそんな経験ありましたか?

 

 

これは「優しさ」? それとも単なる優柔不断? 

 

 

そして、こういうタイプの人がきれいさっぱり別れるには、どうしたらいいのでしょうか?

 

その辺のところをお話していきましょう。 

 

 

 

「今の相手との関係を続けるべき」か、「新たな相手に乗り換えるべき」か。

 

 

このように迷った時、決め手となるのが、アメリカの社会心理学者ラズハルドによって提唱された公式です。

 

その公式とは、「現在の満足度」+「現在までの投資量」+「変化に必要なコスト」と、「乗り換えることによる報酬」との、どちらが大きいかによって決められる、というものです。

 

 

「現在の満足度」

現在の恋人に対してどのくらい満足しているか、ということ。


「現在までの投資量」

今までに恋人に対して向けてきた労力・時間・お金など。

長く付き合っている恋人や、「今までに色々と苦労させられてきた」という相手の場合、自然これが大きくなり、別れにくくなるわけです。


「変化に必要なコスト」

新しい相手に乗り換える場合の労力などのマイナス要因。

今の恋人がとても嫉妬深くて、別れるのも大変そう…とか、傷つくのが怖い…といった要因が強い場合、別れにくくなるということです。

 

 

すなわちこれら全部の総和を上回るだけの「乗り換えることによる報酬」がないと、「相手を乗り換える」という行動を起こすまでには至らない、ということ。


すごく理性的な計算が働いているわけですね。


結局は「優柔不断」に近いでしょうか。 優しさとは違います。

 

 

こういう人がすっぱり恋人と別れるには、「現在の満足度」と「現在までの投資量」は、まあ変えられませんから、「変化に必要なコスト」をなるべくおさえ、「乗り換えることによる報酬」をあげればいい、ということです。


というか、「乗り換えることによる報酬」が高ければ、最初から、さっさと別れているでしょうから、

「変化に必要なコスト」をおさえればOK!ということですね。

 

 

そのために、まずはとにかく、相手を目にするとダメ。


メールなどで、小さく行動し、「変化に必要なコスト」をおさえましょう。


また、別れを切り出すときもメールの方が、別れのキズは小さくなります。

 

また、こちらから別れを告げた時に、相手がキレて暴力沙汰になったり、ストーカー行為を受けたり、といった修羅場もよくありますが、それこそ「煮え切らない態度」だとストーカーしやすくなるものです。


「可能性があるかも!」と思ってしつこくするわけです。

 

よって大切なのは、とにかくハッキリと伝えること。

 

そしてなおかつ「ありがとう!」と言うことです。


ヘタに「好きだけど…」とか言わずに、ただお礼を言うこと。


そう言えば相手も無意識に「たててもらってる」と思い、それほど怒りは湧かないものです。

 

伝えるのはメールがベストでしょう。

 

 

「今までありがとう。本当に嬉しかったです」


そして相手が何を言ってきても「本当にありがとう」だけで押し切ること。


少しの理由を言ってもいいですが、とにかくお礼はセットにしてください。

 

 

 

話は変わりますが、部屋の本棚が小さくて、入りきらない本やメモ帳であふれかえっています。


大きな本棚に買い換えればいいのですが、リサイクルショップで安く買えたという事と、本の入れ替えの手間、新しい本箱の購入費、古い本箱の始末、それ以前に家具屋廻りの手間などなどを考えると、重い腰の上がらない僕です。


この原稿を書いていて、頑張って思い切ろう!と決心するのでした。

 

 9kiryu-ima.jpg


 

ではまた次回、お会いしましょう。

 
関連記事

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

抜けたら大変!


こんにちは、ゆうきゆうです。


梅雨の足音も近づいてきた6月も3日、皆さんいかがお過ごしでしょうか。


本日は大好評、夢診断です。


-----------------------------------

ボクは突然自分の頭が涼しくなり、鏡を見てショック!

 頭髪が抜け落ちて『ハゲ』になっているのです。

「髪に気を使わなかったからこんなことに……」と後悔し、涙まで流すボク。

そこに髪がフサフサの中年男が現れ、彼に年齢を聞くとボクを同じ45歳。

またもガーンとショック。

ちなみにふだんのボクはやや薄毛が気になりますが、

ハゲというほど深刻ではありません。(45歳・広告代理店勤務)

-----------------------------------

男性であれば、確かに髪の毛のことは重大問題ですよね。

そしてこれは、「歯が抜けてしまう」ような夢と同じなのです。

自分の大切なものがどんどん失われてしまうことへの恐怖感。

これを「喪失恐怖」と言います。

その対象は「若さ」や「お金」、もちろん「精力」や「美しさ」なども含まれます。

もちろん「髪の毛」もそう。


実際にあなたには、というかほとんどの男性がそうだと思いますが、頭髪を失うことへの恐怖があるはずです。

こんなときに夢でズバリ「全部抜け落ちる」夢を見ることで、もちろんその瞬間は強い恐怖を味わいます。

しかし朝目覚めたとき、ホッと安心しているのではないでしょうか。

「考えたくない」「考えたらダメなんだ…」と思うことにドバッと浸ることで、気持ちが楽になるわけです。

ある意味、触ってはいけないというカサブタを、思い切りはがしてみたくなるのに似ていますね。


さて、では今回の夢の分析を。

あなたの髪が抜けた後、あなたの前に現れたフサフサの男性。

ここから、あなたが「周囲の人に取り残される」ことにたいして強い恐れを抱いていることが分かります。

広告代理店勤務ということで、他社とのプレゼンなどで、かなり勝ち負けを気にする業種のはず。

そして「同じ年齢だからショック」というのは、逆に言えば「同じ年齢なら、自分が負けるわけがない」と思っている証拠。

もっと言えば、今までのあなたの人生で、かなり一生懸命やってきたということです。

さらに負けたときに「髪に気を使わなかったから」というように、自分の「努力」に責任転嫁をしていることからも、それが伺えます。


実際に心理学者であるワイナーによると、人は何かで負けたときに「努力」「才能」「課題」「運」の4つのうちどれかに責任転嫁をすることが分かっています。そしてこのうちもっとも成功しやすいのが、「努力」に責任を求める人なのです。

あなたは自分に自信があり、努力さえすればほぼすべてのことがかなえられると思っているはず。

それは、すごくいいことです。

僕は、そんなあなたにエールを送りたいと思います。
8soh15

関連記事

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

プチカウンセリング道場、第2回 「似て否なる者」

プチカウンセリング道場、第2回 「似て否なる者」

こんにちは、ゆうきゆうです。

 

 

 



 

 

  

さて、プチカウンセリング道場、第2回 「似て否なる者」です。

 

 

 

「前付き合っていた人に似てる」って言われた事ありませんか?


このセリフ、微妙~ですよね。


これ、どういうことなのでしょうか?

 

 

----------------------------------------------------------------------------

「前の彼女に似ている」っていわれたんですけど、

 これってどういう意味?

 好みのタイプってことで喜んでいいのかなぁ……。

                          【美佳さん K高校2年】

----------------------------------------------------------------------------




男のコって、実に微妙~な言葉をいいますよね。


男のコ語があるといってもいいくらいです。

 

 

さてこれは、相手が思いきり好意を示しています。

 

 

日本語訳すると


「君は俺がそれだけ好きだった相手と同じなんだ。

 だから誇りに思っていいんだよ。

 くわえてつき合ってくれたら嬉しいなぁ。

 でもそこまではっきり言う勇気がない…」


という意味になります。

 

 

一見態度が大きいように感じますが、結局は内気な言葉なのですね。


本人は、それが誉め言葉になっていると思っているようです。


やっぱり微妙~です。(笑)


まぁ、「嬉しいわ」くらいに言っておけばよいと思います。

 

 7kiryu-20


 

 


ではまた次回お会いしましょう。

関連記事

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

毛深いのはお好き?



こんにちは、ゆうきゆうです。

 

 

 

フェチってご存知ですか?

 

 

 

フェチ - 国語辞書(大辞泉)

1 「フェティシスト」の略。

2 特定の種類の物に異常な執着・偏愛を示す人。例「ぬいぐるみフェチ」


    フェティシスト 【fetishist】 - 国語辞書(大辞泉)

       1 呪物(じゆぶつ)崇拝者。物体に霊力があるとして崇拝する人。

       2 異性の下着や靴、毛髪などに性的関心を抱くこと。フェチ。

 

 

 

というわけで、今日はフェチ談義です。

 

 

 

さて、ヒゲ、とか目、男性などは足、面白いところではカサブタなど。


ついつい触りたくって仕方がない。


それにはどんな意味がこめられているのでしょう。

 

 

 

フェチ。一部分に向ける愛。


その中に、読みとるものは人によって色々と違うでしょう。


でも共通するのは、「安心」なのではないかと、僕は考えています。

 

 

たとえばヒゲ。


おヒゲが大好き、という人は女性に多いのですが、女の子は父親への愛があるもの。


これをエレクトラ・コンプレックスといいます。


父親を彷彿とさせるものにたいして、性的に興奮を覚えるのは自然ではあるのですね。

 

 

逆に毛深い男性を嫌う 傾向も高まってきているようですが、これは、女性にとって、あまりに男性的なものに対する「怖さ」などがあるのかな、と思います。


「毛深い」→「野性的」→「普段あまり接していないことによる恐怖」ということでしょうか。


何か内側にこもるような、未知のものへの拒絶感があるかも知れません。

 

 

 

また、人間にはタナトス(死の本能)というものがあると言われています。


死に近いものを見たくなる、そして見て安心する部分があるのです。


カサブタをはいでみたい、キズに触りたい、という思いも、死につながるものを連想させる気持ちもあるようです。

 

 

 

単に弱い部分に触れることで、「こんなカッコいい人にも、こんなに弱い部分があるんだ」ということで安心する心理もあると思います。


おデブのおなかを触りたがる、 はげていてもOK可愛いと思う、絶壁の頭を触っているのが好きというのもこれに通じるところがあると思います。


弱点がない人というのも、取っつきにくいですから。

 

 

 

血管フェチは多いようですね。


手や腕に血管が浮き出ているのが好き、押したくなるなど。


相手の大切な部分が浮き出ているという意味で、セクシーな意味を感じているのかもしれません。


また、浮き出ている、というのは血流の強さのあらわれでもあります。


血液そのものというのは、生命の象徴としての意識がありますし、無意識に力強さを感じているのかもしれません。




指とペニスは、遺伝子の規定している部分が近いようです。


すなわち指フェチは、結局はそれフェチということ。




男性に多い足フェチ、腰骨フェチなど、腰にこだわるのは、無意識にセックスへの投影もあるのかもしれません。

 

 

ところが、「野球選手のでっちりはだめ」という人は結構います。


これは、「でっちり」だけに限定し、やはり腰回りの筋肉がゆるんでいることを連想させるからではないでしょうか。


それすなわち性的な行動のおとろえにもつながるはずだからです。

 

 

 

目が好き、という人は知性派といえるでしょう。


目というのはミステリアスにその人の気持ちをうつすものです。


よって虹彩にしても瞳孔にしても、その部分にこだわるのは、その人の心理や考えていることにたいして強い興味を抱いているといえます。。

 

 

面白いところでは、男性のメイクした眉に対する逆フェチ。


ファッションに走っている男性はいいイメージがないとのお話でしたが、


メイクした男性の中でもとりわけ眉をいじる男性に非難が飛ぶ傾向が強いようです。

 

 

これは、女性にとって伴侶や恋人が、ちゃんとした収入や地位をゲットすることこそが本意。


たとえば結婚した後に眉をいじられたら、それこそ会社のOLと不倫するのには役立つかもしれませんが、月収には何の変化もありません。


そういうところにお金や時間を掛けている男性は、その分仕事などに回す労力などがおろそかになってしまいます。


そこに無意識の反発心を起こすのでしょう。

 

 

また化粧などは女性特有の行動ですので、「自分たちのジャンルに入ってこないで!」みたいな感情もあるのかもしれません。

 

 

目が知性をあらわす物であるだけに、眉毛を触る男性は知性がない、と感じてしまうのかもしれません。

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

 

総じて、見るだけなら美しい部分、素敵な部分、でも、傷や、ビール腹など、醜い物ほど「触ってみたい」という傾向にあるようです。

 

 
5feti

 

 

それでは、また次回お会いしましょう。

 
関連記事

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

sidetitleプロフィールsidetitle

ゆうメンタルクリニック・池袋皮膚科ゆうスキンクリニック

Author:ゆうメンタルクリニック・池袋皮膚科ゆうスキンクリニック
上野・秋葉原・渋谷・新宿・池袋からすぐに到着できる心療内科・精神科、ゆうメンタルクリニックです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。