スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危機感で心動く!? (前編)



さて突然ですが、僕はあまりテレビを見てません。

基本的にネットとテレビは犬猿の仲みたいで、ネットをしている人はテレビを見ないで、テレビを見ている人はネットをしていないんだそうです。



それはおいといて、特にテレビのCMは許せません。強制的に挿入され、なおかつCMあけには、すでに見たところから再び説明を始める始末。



もし、ネットでこれをやったとするなら…。

あるページを見ていて、盛り上がりも最高潮の瞬間に、突然画面上をバナー広告が埋め

尽くして、3分ほど操作を全く受け付けないブラウザクラッシャー状態になるのと同じ。

そして時間がたってバナーが消えたかと思ったら、すでに見たページをもう一度読まないと先が見られないのと同じです。

そう考えると、テレビCMってヒドいですね。



それでも、あなたはテレビを見ますか?



見ますね。

そうですよね。



さて、今回は、そんなテレビCMのお話。



「なぜ企業はCMを作るか?」

その答えはもちろん、

「自分のところの商品を買ってもらうため」です。



そのために、手を変え品を変えて、色々なCMが放映されています。

ただ、中には「えー」という内容もたくさんあります。



雪印あらためメグミルクのキャッチコピー、「日本のミルクが変わる」。

そこまで話大きくしなくていいから、まずは自社を変えていきませんか。

色々と突っ込みたい気持ち満載で見てます。



やはり理想のCMは、「つい買いたい気持ちを起こさせること」。

そのためには、消費者の潜在意識に自然に訴えかけることが大切です。



以前メルマガ(セクシー心理学)で、CMでは「子供・動物・セックス」を連想させるものがもっとも心理的な効果が高い、というお話をしました。いずれも見ている人に心地よい刺激を与えることになるからです。



しかし、当然これだけでOKというわけではありません。



傷害保険・損害保険、薬や老人医療などの、普通なら少しネガティブの感情を起こす話は、綺麗な映像やメッセージを流しているだけでは、誰も買ってくれません。



「いやぁ飲み食いって本当に楽しいなぁ~! それはそれとして、胃腸薬『スグナオール』新発売!」

なんて言っても、誰も買ってくれないでしょう。相手の気持を動かすためには、「飲み過ぎて苦しんでいる人」を出すなどして、適度な危機感を演出しないといけないのです。





では、その危機感はどのくらいの強さがベストなのでしょうか?



たとえば今の胃腸薬のCMで、

「飲みすぎで吐いて、服も体もボロボロ、さらに二日酔いで高熱を出して、のたうち回って七転八倒」の姿を出しつつ、「こんな姿にならないためにも、胃腸薬『スグナオール』!」というように、めっちゃ強く危機感をあおるような演出をしたら、バカ売れするのでしょうか?



それが、違うんですね。脅しが人に与える効果とは?



歯を磨かないと目が見えなくなる!? そんな恐ろしい心理実験によって証明された、CMにおける禁断の法則とは!?



「浮気をしたら別れる」…。

その言葉は、果たして通用するのか?



次回予告:人間にとって適度な危機感とはいかほどか?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

プラスイメージはこう使う (後編)




「ボディゾーン」とはナワバリのことです。そしてその人のボディゾーンは、弱気な人ほど小さく、強気な人ほど大きくなると言われています。



想像してみてください。あなたが弱気になったり疲れたりしているとき…体は縮こまってるはずです。だから、あえて手を広げ、大きく構えることで、ボディゾーンを拡大して、あなたの気持ちを強気にするのです。



さあ、燃え盛る手をイメージして、体に触らないように手を広げたら、今度はその手で、何かを触りましょう。そして触ったものが、その手の熱でぐにゃっと変形していく様子をイメージしてください。



そこまでイメージしたら、今度は体中に、その炎が伝わっていく様子をイメージ!腕から肩、胸、お腹まで、体中が「固体の炎」だと想像するのです。

これはただの「想像」ではありません。なぜなら体は実際に、異化によって「燃えて」いるからです!



体中が燃えていますか? そこまでハッキリとイメージできたら、もう大丈夫。何かをしたくてしょうがなくなるほど気持ちが高ぶってきているはずです。



これこそがスーパーメソッド、「灼熱のカラダ」!

カラダを燃やすイメージを持つことで、頭や心も、熱く燃やしましょう!そうしないと常に実際に燃えているカラダが、かわいそうですよ。





うまく燃える必要なんかありません。明るく輝かなくてもいいんです。

ただ、知っておいてください。あなたの体は、どんな時でも、ただひたすら燃え続けていることを。



ほら、あなたの頬に触れてみて。確かに、温もりを感じるでしょう?
関連記事

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

うまい話にご用心 (後編)

うまい話にご用心 (後編)


前回は良い点と悪い点を同時に伝える「両面提示」の方が説得力を持つということを書きました。



 

 またこんな実験があります。

 被験者をAとBの2つのグループに分け、

 Aには、ある考えについてひたすら賛成意見を聞かせ、

 Bには、たくさんの賛成意見に加えて、そのあとにちょっとした反対意見を聞かせました。

 この二つのグループに対して後日たくさんの反対意見だけを聞かせたところ、最初に反対意見を混ぜておいたBの場合のほうが、考えを変える可能性が低かったのです。

 

 このように、小さなマイナス情報を混ぜておくことで、後から生じる大きなマイナスに対して免疫がつくことを「接種理論」と言います。





よって、以上二つの理由から、あなたがビジネスでアピールする場合や口説こうとする場合は、とにかく小さなマイナス情報をくっつけておくことが大切になります。それだけで信憑性も上がり、また何かのハプニングの場合にも、それほど印象を悪化させることはないでしょう。



 また会話においては、最後に言った言葉がもっとも印象に残るものですので、話す順番は「マイナス」→「プラス」としたほうがいいでしょう。



 例えば次のように言ってみてください。

 ×「何があっても、絶対に君を幸せにする」

 ○「時には君のことを悲しませてしまうこともあるかもしれない。でも、絶対に幸せにしたいと思ってる」



 また一般的に、人は「相手の言葉」を聞くと安心します。

 通りいっぺんな長所・短所ではなく、あなた自身がどう思うかを伝えてみてください。

 

 具体的には、こんな感じです。

 ×「この商品は、長持ちしますし機能もいいんですよ」

 ○「この商品は、僕としてはちょっとデザインがイマイチかなと思うんですけど、でもすごく長持ちしますし、機能もいいんですよ」



 ×「僕が君のことを好きだと思う気持ちは、本当なんだ」

 ○「僕は自分でも適当なヤツだと思うけど、君のことを好きだと思う気持ちは本当なんだ」



 これだけであなたの説得のスキルは格段に変わるはず。 どうか試してみてくださいね。



 よって今回の話をまとめると、

 「マイナスをひた隠しにすると、かえって怪しまれる! 小さなマイナスをとにかく相手に伝えることで、結果的に最悪の事態を避けることができ、そして相手の警戒心を解くことができる! さらに可能なら、そのマイナスも『自分はこう思う』という感想で伝えるのがベスト!」



 これこそがスーパーメソッド「汚れたワクチン」!

 あなたの気持ちから出るマイナスの言葉は、相手の心を優しく包み込むワクチンになるんですよ。
関連記事

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

プラスイメージはこう使う (中編)




前回の内容を簡単にまとめると、

「いいイメージを持つことで、気持ちは必ずラクになる。そして、そのときの自分の力を、最大限に発揮することができる! では手軽にできてなおかつ有用な、最高のイメージとは、どんなものか!?」ということですね。





「同化・異化作用」というものをご存じでしょうか?

たとえばご飯を食べると、その栄養分が、体の中で吸収されます。食べた栄養が、すべてその日のうちに使われることはほとんどありません。余った分は、グリコーゲンなどに形を変え、体の中に「貯蔵」されます。そして、必要になったときに、少しずつ「解凍され」、その段階でエネルギーが放出されます。



ここでの「貯蔵される」段階を「同化」、

「解凍される」段階を「異化」といいます。



あなたは今、こうして生きている。

ということは、体の中では、常に「異化」が起こって、エネルギーが放出されているのです。



この異化作用を細かく表すと、

「(栄養分に含まれる)炭素」+「酸素」で、「二酸化炭素」と「エネルギー」が生み出される仕組みです。これは、木などが燃える、「燃焼作用」と同じ構造なのです。

木が燃えて起こる炎は、熱く、明るいすね。これは、木に含まれる炭素が燃えて、「熱エネルギー」と「光エネルギー」を出している証拠です。



まとめると、人間の体は、「常に燃えている」状態にあります。

その燃やす材料は、「同化」によって体の一部として蓄えられた栄養分です。



つまり、人は「自分の体を燃やしつづけて、生きています」。

24時間、1分1秒たりとも、あなたの体が燃えていない時はありません!



だから、例えるなら人間は、走っていようが止まっていようが、常にエンジンがかかっている車と同じです。ということは、あなたがやる気が沸かず、ボーッとしているとき…、エンジンは全開なのに、ドライバーは熟睡しているのと同じ状態なのです。



これはやはりエネルギーの無駄ですよね。

そのような状態から抜け出し、やる気を復活させるにはどうようなイメージを持てばいいのでしょうか。



答えは、

「体中が炎に包まれている状態を、イメージしよう」!



急に言われても誰もできないので、小さなことからやっていきます。



まず、両手を近づけ、そして手を合わせます。

その時に、余裕があれば「パン!」と手を叩いてみよう。もちろん叩かなくてかまいません。そして、両手が「炎そのもの」になって、ものすごい熱を発しているようにイメージするのです。



メインはこれだけです。

あとはとても簡単。両手が熱いんだから、あなたはその手をどうするでしょうか?分かりやすく想像するなら、両手にアイロンを持ってるのと同じです。まさかその手で、頬杖ついたり、腕組みしたりはしませんよね。

そう。その手は常に、体に触れないように保たなければなりません。



実は手を体から離すことはとても重要です。それによってイメージをより強め、やる気と緊張感を高めるのと同時に、手を体から離したポジションにすることで「ボディゾーン」をより広く取ることになるからです。



次回予告:ボディゾーンとは一体!? そして、簡単にプラスイメージを持つ方法の完成形を紹介します。
関連記事

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

プラスイメージはこう使う (前編)


心理学では、幸せなイメージを持つことはとても重要なこと と言われます。

事実、成功した起業家の多くは「成功するイメージ」を持ちつづけた人たちですし、オリンピックの金メダリストたちは、毎日のようにイメージトレーニングをしています。



では、イメージって、本当に実生活に役立っているんでしょうか?今回は、イメージの持つ力とそのメカニズムについて考察していきます。





「プラスのイメージを持ち続ければ、あなたは必ず成功する」

これは、ポジティブシンキング系の本を開けば、ほぼすべてに載っている言葉です。



でも、「なぜか?」については、あまり触れられていません。だからそれを読んだ人は「ああ…、そういうモンなんだぁ」といった、あいまいな認識しか持てません。そのため、その日と次の日くらいはプラスなイメージを持ってみたりもするけど、さらに次の日になると、すっかり気持ちはマイナスに戻ってしまう、というパターンが多いのではないでしょうか。



どんな理論も、明確な理由付けがあって 初めて納得することができます。



「プラスのイメージを持ち続ければ、あなたは必ず成功する」

これは、正確な言い方ではありません。

正確には「プラスのイメージを持ち続ければ、あなたの成功率はアップする!」



中途半端に「成功する」って断言するよりは、明快な言い方ではないでしょうか。

世の中に「絶対」と言えることはあまりありません。だから、「これで+100%!」なんて言い切れるものを一つだけ持ってる人より、「これで+30%!」というものを何個も持ってる人の方が強いんです。





では、「プラスのイメージによって成功率アップ!」の理由を説明します。



誤解されやいので最初に書きますが、

「イメージによって、何か不思議な力が働いて『成功の運命』や『身体機能の高まり』みたいなものが呼び起こされる」わけではありません。



一度でも「プラスのイメージ」を想像してみた人はお分かりと思います。

イメージによる確かな効果とは、「今この瞬間の、心の安らぎ」。



それによって、その人は余計な心配を一切せずに、今の仕事や夢への努力に、より強く打ち込めることができます。それは確実な、「+30%」。



心配なのは、みな同じです。成功するイメージを常に持って心を安らかにさえしていれば、「心配してもしょうがない心配」なんかに思い煩うことはないはずです。

それは、体にとって大きなプラスです。

そんな心配をしてしまうと、ストレスで血管は狭くなるし、余計な思考で脳の血流は停滞してしまい、体への悪影響は明らかです。



「プラスのイメージは、体のコンディションを最高のものにするためのエネルギー」なのです。



じゃあ、どういうイメージを持てばいいのでしょうか?ポジティブシンキング系の本には、よくこんなコトが書いてあります。

「まず朝起きたら、頭の中を真っ白にしましょう。そしてそこに、太陽が昇る様子をイメージしてください。太陽は真っ赤に燃え、熱く強く輝いています。あなたはその光に照らされ、体中がエネルギーに満たされるのを感じます。さあ、そしてあなたは太陽に吸い込まれていきます。少しずつ、少しずつ…」



会社に遅刻しますね。



イメージなんて、もっとカンタンなものでいいんです。確実にやることができなければ使えませんよね。



次回予告:プラスのイメージを持つための簡単な方法とは!?
関連記事

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

sidetitleプロフィールsidetitle

ゆうメンタルクリニック・池袋皮膚科ゆうスキンクリニック

Author:ゆうメンタルクリニック・池袋皮膚科ゆうスキンクリニック
上野・秋葉原・渋谷・新宿・池袋からすぐに到着できる心療内科・精神科、ゆうメンタルクリニックです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。