スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誉め言葉から分かる心理 (前編)

誉め言葉から分かる心理 (後編)

前回からの続きです)



「きみって、本当にかわいいよね…」。という誉め言葉に対する反応から、相手の気持ちを見抜くというテーマです。相手の反応の分析の途中でした。





◆ 4「あなたのほうがカッコいいですよぉ」



これは上記1・2番の大人の女性が、あなた自身に対して好意を抱いているときに見られるパターン。心の底からためてきた好意が、あなたの誉め言葉によって反応的に出てきています。可能性は90%です。

ちなみに僕はいわれたことは一度もありません。



◆  5「最近、阪神、弱いよねぇ…」(強引な話題転換)



これに関しては、「嬉しいけど、あなたに私を口説きモードに入らせたくない」と考えている可能性が大です。このままでは、OK度20%。こんなときはその場はとにかく相手の話に合わせ、少しずつ意識の壁を取り除いていくことが大切です。人間は自分の話題に賛成してくれる人には、無条件で好意を抱くもの。そうすれば、OK度は40%くらいにはアップしてくるかもしれません。





◆  6「……」(黙殺)



これは、基本的に4と同じです。嬉しい! でもどう答えていいのか分からない。よってその気持ちを完全に押し込めてしまっているわけです。これを「抑圧」といいます。



やや内向的な分、4より可能性は低く、OK度は60%くらいでしょう。こういう場合はこういいましょう。

「あ、もしかして怒らせちゃった…? ごめん。でも本気でそう思ってるんだよ。」

そうすれば少しずつ相手の緊張も解けていくはずです。

あまりにしつこいと、黙殺から撲殺に変わることがあるので注意してください。





そう考えると、もっともOKの可能性が高いのは4番です。

でも実際の現場がこれほど典型的な結果になることはまれですので、とにかく単純にこのことだけ覚えておいてください。



「反応が柔らかければ」→とりあえずグッド。

「反応が固くなったら」→やや警戒されている。



最初の誉め言葉の反応で、相手の気持ちを知ることができる!

これこそがスーパーメソッド「ソフトハード・タッチ」!



相手の心の触り心地は、カンタンな誉め言葉で見抜くことができるんですよ。





人には、自分のすべての行動を「自分」全体に置き換えて考える傾向があります。



たとえば男性が自分のオススメの店につれてきたとき、女性に

「この店、あまり落ち着けないよね」

と言われれば、彼は自分全部が否定されたように感じてしまうわけです。



このことは誉め言葉であっても同じです。「キレイだね」と言ったとき、実は言った人はその言葉に全身全霊をかけているもの。それを叩き落とされることは、かなりのショックでしょう。



でも、それを恐れていては何も始まりません。

あまり深く考え込む前に、とにかく相手の心のドアをノックすること。あなたの気持ちが閉じていたら、相手だって心を開いてくれるわけがないんですから。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

誉め言葉から分かる心理 (後編)

前回からの続きです)



「きみって、本当にかわいいよね…」。という誉め言葉に対する反応から、相手の気持ちを見抜くというテーマです。相手の反応の分析の途中でした。





◆ 4「あなたのほうがカッコいいですよぉ」



これは上記1・2番の大人の女性が、あなた自身に対して好意を抱いているときに見られるパターン。心の底からためてきた好意が、あなたの誉め言葉によって反応的に出てきています。可能性は90%です。

ちなみに僕はいわれたことは一度もありません。



◆  5「最近、阪神、弱いよねぇ…」(強引な話題転換)



これに関しては、「嬉しいけど、あなたに私を口説きモードに入らせたくない」と考えている可能性が大です。このままでは、OK度20%。こんなときはその場はとにかく相手の話に合わせ、少しずつ意識の壁を取り除いていくことが大切です。人間は自分の話題に賛成してくれる人には、無条件で好意を抱くもの。そうすれば、OK度は40%くらいにはアップしてくるかもしれません。





◆  6「……」(黙殺)



これは、基本的に4と同じです。嬉しい! でもどう答えていいのか分からない。よってその気持ちを完全に押し込めてしまっているわけです。これを「抑圧」といいます。



やや内向的な分、4より可能性は低く、OK度は60%くらいでしょう。こういう場合はこういいましょう。

「あ、もしかして怒らせちゃった…? ごめん。でも本気でそう思ってるんだよ。」

そうすれば少しずつ相手の緊張も解けていくはずです。

あまりにしつこいと、黙殺から撲殺に変わることがあるので注意してください。





そう考えると、もっともOKの可能性が高いのは4番です。

でも実際の現場がこれほど典型的な結果になることはまれですので、とにかく単純にこのことだけ覚えておいてください。



「反応が柔らかければ」→とりあえずグッド。

「反応が固くなったら」→やや警戒されている。



最初の誉め言葉の反応で、相手の気持ちを知ることができる!

これこそがスーパーメソッド「ソフトハード・タッチ」!



相手の心の触り心地は、カンタンな誉め言葉で見抜くことができるんですよ。





人には、自分のすべての行動を「自分」全体に置き換えて考える傾向があります。



たとえば男性が自分のオススメの店につれてきたとき、女性に

「この店、あまり落ち着けないよね」

と言われれば、彼は自分全部が否定されたように感じてしまうわけです。



このことは誉め言葉であっても同じです。「キレイだね」と言ったとき、実は言った人はその言葉に全身全霊をかけているもの。それを叩き落とされることは、かなりのショックでしょう。



でも、それを恐れていては何も始まりません。

あまり深く考え込む前に、とにかく相手の心のドアをノックすること。あなたの気持ちが閉じていたら、相手だって心を開いてくれるわけがないんですから。

関連記事

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

ストレス利用のススメ (第4回)



(前回からの続きです)



「ストレス・トレース」の第1段階は、「(ストレスによる)怒りの対象を、全部自分に向けること」。でもそう考えるのは、あなたの能力が足りなかったからではなく、「願う気持ちが足りなかった」からです。



「強く願うこと」は力になります。



思い返してみてください。

例えば、何かの失敗をしたとき、そこには「あきらめ」の瞬間があったのではないでしょうか。願う気持ちは、車に例えるならガソリンと同じ。どんな性能の車であれ、ガソリンさえ常に満タンで、ドライバーが運転しつづけてさえいれば、必ず最後にはゴールに着きます。



だから「ストレス・トレース」の2つめの段階は、感じたストレスを、「自分がそのストレスを感じたくない」!と願う気持ちが足りないせいにすること。

そして、最終段階は、

「だからこそより強く、そのストレスを感じない生活を願うこと」!

失恋したなら、「どんな異性でも決して振れないような、財力や魅力をゲットする!」

怒られたなら、「俺の方が出世して、立場が上になってやる!」



まとめるなら、

ストレス→自分のせいにする→願いの気持ちが低下していたことを確かめる→再び願う気持ちを燃やす!

この変換こそがスーパーメソッド、「ストレス・トレース」!

いっぺんに全部は難しいかもしれないので、とりあえず第1段階だけでも試してみてください。「自分次第で対処できる」と思えるだけで、不思議なほど気持ちが楽になるはずです。



みんな、幸せに満ち溢れた生活を望んでいます。でも「継続は力なり」というように、願う気持ちを保ちつづけるのは本当に難しい。ストレスという刺激が全くなかったら、絶対にいつのまにか忘れてしまうのではないでしょうか。

だからこそ、ストレスを感じることは大切です。

ストレスは、ガソリンに化けます。車のエンジンが鳴り響き、薄れかかっていた「願う気持ち」を強めてくれる。そしてあなたの心は再び活気を取り戻すのです。

続きを読む

関連記事

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

ストレス利用のススメ (第3回)

ストレス利用のススメ (第3回)

(前回の続きです)





前回は、「人間が悪いことばかり考えてしまうのはしょうがない。でも、そのストレスをうまく利用する方法がある!」というところで終わりました。



今回はストレスを情熱に変換する方法「ストレス・トレース」を紹介します!



最初に結論を言ってしまうと、

ストレスを最も効率よくプラスに変換する方法とは「ストレスの原因は、すべて自分にある」と思うこと。



ウソ!?と驚かれましたか?

世間で一般的に言われてる意見とは、全く逆なんだから、驚かれるのも無理はありません。

悩み相談でよく見かけるのは、「自分のせいにしてはいけません。悩みを背負い込んではダメ」みたいな回答です。



でも、私はあえて断言します。

「今まで あなたに起こったイヤな出来事のうち、あなたの責任でないものは何一つとして存在しない」



思い出してみてください。あなたに全く責任がなく、理不尽に受けた悲しみやストレスなんてなかったはずです。



「全部あなた自身の責任」というのは、厳しく聞こえるかもしれません。でも逆に言えば、「全部、あなた次第で改善できる」ということ。



なぜ、そのように考える必要があるのでしょうか?

それは「感じた怒りには、明確な対象と対処方法を与えるべき」だからなのです。

やり場のない、そして自分ではどうしようもない怒りや悲しみは、文字通り発散される対象がなく、あなたの中に溜まりこんでしまいます。



例えば、恋人にフラれたとき。「あんな、私の魅力が分からない男なんて、こっちから願い下げよ」なんていう理由付けで、本当に失恋の悲しみが癒されるのでしょうか?



イヤミな部長に怒られたときだって、「あのクソ部長!」で、本当に怒りが解消できているのでしょうか?



「ストレス・トレース」の第1段階は、「(ストレスによる)怒りの対象を、全部自分に向けること」。

でも、それは自己嫌悪とは違います。絶対に誤解しないでおいて欲しいのは、「あなたの能力が足りなかったわけでは、決してない」ということ。

足りなかったのは・・・「願いの強さ」。「願う気持ちが足りなかった」のです。



次回予告:「ストレス・トレース」を更に発展させ、使えるテクニックにいたします!

関連記事

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

続きを読む

関連記事

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

sidetitleプロフィールsidetitle

ゆうメンタルクリニック・池袋皮膚科ゆうスキンクリニック

Author:ゆうメンタルクリニック・池袋皮膚科ゆうスキンクリニック
上野・秋葉原・渋谷・新宿・池袋からすぐに到着できる心療内科・精神科、ゆうメンタルクリニックです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。